増え続けるニキビをどうにかしたい!解消法ってあるの?

ニキビができる原因は、毛穴に酸化した脂や汚れなどが詰まってしまうからです。
皮脂の分泌が盛んになると、毛穴に詰まりやすくなってしまいます。

皮脂の分泌が多くなる原因

皮脂の分泌は何故多くなってしまうのでしょうか?

①成長ホルモンの影響
思春期には特に皮脂分泌が増える傾向があります。
思春期のニキビを解消するには、油分を控えた食事をし、朝晩の洗顔はしっかり行うことです。

②ストレスの影響
ストレスの原因には、過労や睡眠不足、緊張などがあります。
こうしたストレスによって自律神経の働きが乱れてしまいます。
すると副腎皮質ホルモンと男性ホルモンが活発化されるため、皮脂が出やすくなるのです。
大人ニキビを解消するには、できるだけストレスを緩和させることが大切です。
規則正しい生活をすること、睡眠時間を確保することが大切です。

月経前のニキビを解消するにはどうしたらいいの?

月経前になると、ニキビがいつもより出来やすいと感じた経験はありませんか?
実は月経前には黄体ホルモンが活発化されるため、皮脂の分泌量も増え、ニキビができやすくなるのです。
月経前にできるニキビを解消するには、やはり規則正しい生活をすることが一番です。

また甘いお菓子やスナック菓子、油ものは控えるようにしましょう。
ニキビが出来やすい時期なのでこうした食品を控えることで、ニキビを予防することができます。

他にも男性ホルモンの影響でニキビが出来てしまうこともあります。
女性にも男性ホルモンがごく少量ですが分泌されています。
ストレスなどがあると男性ホルモンが分泌されるため、皮脂の分泌が盛んになります。
また男性ホルモンが分泌されると、皮膚が角質化されやすくなるため、固くなる傾向があります。

出来てしまったニキビの対応策とは?

そのままにしておくと状態がだんだん酷くなっていきますので、早めにケアをすることが重要です。
数が増えてしまったり、炎症化してしまうと、なかなか治るのに時間がかかってしまったり、痕が残ってしまうこともあります。
スキンケアに気を配りながら治していきましょう。

洗顔料を泡立てネットなどを使い、しっかりと泡立て、泡で顔を洗うようにしましょう。
洗顔後は油分が入っていないタイプの化粧水や乳液を使いましょう。

痕を残さずに治したいという方は、皮膚科を受診しましょう。
保険適用で診療を受けることができます。
皮膚科ではカウンセリングを行い、自分の肌の症状に合う塗り薬や、場合によっては内服薬が処方されます。

また毛穴の中にコメドが残っていれば、処置を受けることもできます。
コメドとは、面皰と呼ばれるもので、角栓のことです。
自分で取ると雑菌などが入り、ニキビが悪化してしまうため、必ず病院でやってもらいましょう。

この記事が役にたったと思ったら
「いいね!」しよう

関連するまとめ

気づかないうちにできているシミ・・・対策方法ってないの?

いくつになってもキレイな肌でいたいのに年齢を重ねるたびに気になってくるシミ。ちゃんとケアしてるのにできてしま…

肌への刺激を最小限に抑えたクレンジング料の選び方

クレンジング料っていろいろあって迷いますよね!肌に合わないものを使ってしまうと肌を傷めてしまうことも。今回は…

手のアンチエイジング出来ていますか?

いつまでも美しくありたいのが女性の永遠のテーマ。メイクの時に鏡で見る顔や髪ばかりに気がとられていませんか?実…

関連するキーワード