しわやたるみが出来る原因とは?

しわやたるみが出来る原因として挙げられるのが真皮層の衰えです。
真皮層とはコラーゲンとエラスチンで構成されており、弾力繊維状になっています。
薄い皮膚をささえているため、真皮層にダメージが起こるとしわやたるみが出てくるのです。

ダメージを与える原因

真皮層にダメージを与える原因には、紫外線があります。
紫外線が真皮層に当たることによって、真皮層が破壊してしまうのです。

真皮層が再生されるのには、とても時間がかかります。
新陳代謝が活発な方であれば、2年から3年、新陳代謝が遅ければ4年から5年という長い年月が必要なのです。
そのため、長期間あきらめずにお手入れし続ければ、しみやたるみを少しずつ解消していくことができるでしょう。

細かいしわやたるみの原因

目尻にちりめんじわが出来てしまって悩んでいる方もいることでしょう。
実は、このような腺の細かいしわやたるみは、肌の乾燥が原因によるものです。
肌の薄い部分に出来やすいため、日頃から肌が乾燥しないように、保湿を心がけることで細かいしわを防ぐことができます。

真皮層に受けたダメージは再生されるまでに4、5年と長い何月がかかりますが、表皮のダメージでできるしわは、肌の保湿をしっかり行うことで、短期間で問題を解消させることができます。

解消・予防方法

化粧水をコットンにたっぷりとつけて、コットンパックを5分ほど行いましょう。
目尻や目の下などは薄い皮膚で出来ているため、この部分は丁寧にコットンパックをするとよいでしょう。

コットンパック後は水分が蒸発しないように、乳液で脂の膜を作ってあげると、表皮がしっかり保湿されていきます。
しわが出来やすい方は特に保湿に力を入れてケアすると、しわの予防ができます。

しわやたるみを防ぐには日常のスキンケアが重要

しわやたるみを防ぐためには、きちんと紫外線対策を行い、肌のスキンケア、お肌によい食べ物を食べましょう。
しわもたるみも紫外線が大きく影響しています。
外出するときは、しっかり日焼け止めを顔に塗りましょう。
肌の保湿もしっかり行う必要があります。
角質層までしっかり保湿されていると、肌のバリア力を高めてくれますので、毎日化粧水による保湿と乳液によるケアは欠かさないようにしましょう。

たるみを解消する食べ物

たるみを解消するには身体の内側から、コラーゲンを含む食べ物を取るとよいでしょう。

ゼリーやウナギ、豚肉、手羽先などがあります。
真皮層がコラーゲン不足になってしまうと、肌全体の保湿が失われて行くため、しわやたるみなどが出来やすくなるため、コラーゲンはできるだけ毎日摂取し続けるようにするとよいでしょう。

この記事が役にたったと思ったら
「いいね!」しよう

関連するまとめ

おいしくてキレイになれるおやつ6選

甘いものの誘惑がたくさんある中お肌のことを考えると好きなものばかり食べてはいられません。そこで、せっかくおや…

老け顔の原因!青グマ、茶グマ、黒グマ…種類別に対策を!

朝起きたときに、目の下にくっきりクマがあるとブルーな気分になりますよね!クマ対策には、まずは自分のクマの種類…

若々しいお肌にはたんぱく質が必須!

最近、どんなコスメを使っても肌の調子がイマイチ…。 もしかして、たんぱく質不足が原因かも! 今回は、たんぱく…

関連するキーワード