パンの糖質+体内の水分で“むくみ顔”に!

朝起きるお顔がパンパン、よく腫れてむくむという人は、糖質の摂り過ぎが原因かもしれません。
パン、ごはん、麺類、お菓子などに多く含まれる糖質は、体脂肪として体に取り込まれるだけでなく、体内で水分と結びついて、“むくみ”も引き起こしてしまうのです。

糖質主体の食べ物を減らすよう心がけるだけで、体内の水分が抜けて、むくみ顔がスッキリ、体重も1~2キロ減を目指せますよ!

パン食は代謝に必要な栄養素が不足しがち!

サンドイッチにカフェオレ、野菜サラダ、女子のランチに定番のメニュー。
これで栄養バランスはバッチリと思っている女子も多いのでは?
パン食は、和食に比べて肉や魚、豆類などの動物性、植物性たんぱく質のほか、ビタミン、ミネラルなど代謝に必要な栄養素が不足ぎみになります。
とくに豚肉やうなぎ、豆類などに多く含まれるビタミンB1不足は、むくみ顔の大きな原因に!
サンドイッチを選ぶなら、たんぱく質が摂れる卵サンドをチョイスしましょう。

菓子パンの落とし穴

パンの主な材料は小麦、バター、マーガリン、植物性油脂など。
さらに菓子パンとなれば、多量の砂糖が投入されています。
糖質と脂質の塊であるパンをどうしても食べたいなら、嗜好品と割り切って、食事として常食することは避けましょう。

それでもどうしてもパンを食べたければハード系のパンをチョイス!

どうしてもパンが食べたいなら、やわらかいパンよりハード系のパンを選びましょう。
食べ物を噛むことで咀嚼中枢が刺激され、食欲抑制や内臓脂肪の燃焼を促進するヒスタミンが放出されます。
つまり、ヒスタミンが増えると「お腹いっぱい」と脳が感じるのです。

また、咀嚼すると唾液もたくさん分泌されます。
唾液にはIGF-1という成分が含まれ、血糖値の上昇を抑える働きがあります。
食事はよく噛んで、唾液を出すことが大切です。

おわりに

いかがでしたか?
いままで朝食やランチに、甘く糖質たっぷり菓子パンを選んでいた方は、“ただのおやつ”と割り切って、“食事である”という概念を捨てましょう。
菓子パンは食べやすいですが、意外なほどカロリーも高いです。
パンをランチにチョイスするときは、ハード系のパンやライ麦パンなどがオススメです。

この記事が役にたったと思ったら
「いいね!」しよう

関連するまとめ

そのままで食べられる!抗酸化作用、冷え改善にもオススメの木の実、ナッツ類

薬膳でおなじみの松の実やくるみ、くり……。また西洋のナッツにもいい成分が。 おやつやお料理に積極的に取り入れ…

改めて知る、チアシードのすごさ!

スーパーフードの代表格「チアシード」。最近ではスーパーをはじめ様々なところで販売しているのを見かけるようにな…

気分が沈んだときにココロをゆるめる食べ物・飲み物5選

気分が晴れないときは、自律神経をゆるめる「温かいもの」や即効性のある「甘いもの」が効果的!自分が「美味しい!…

関連するキーワード