チアシードオイルとはどんなもの?

チアシードに熱を加えず圧力をかけてオイルを搾り取る、低温圧搾(コールドプレス)で搾ったバージンオイルがチアシードオイルです。

チアシードオイルはオメガ3脂肪酸の含有量が凄い!

チアシードオイルにはオメガ3脂肪酸の含有量が60%以上も含まれています!
オメガ3脂肪酸とは人間の体内で合成することができず、食品から摂取しなければならない必須脂肪酸の1つです。

オメガ3脂肪酸の効果は?

オメガ3脂肪酸の具体的な効果は下記です↓

●コレステロールを下げる
●中性脂肪を下げる
●動脈硬化・心筋梗塞予防
●高血圧予防
●ダイエット
●花粉症やアトピー性皮膚炎などの緩和
●メタボリックシンドローム予防
●抗うつ作用・イライラ抑制
●アンチエイジング効果 など

オメガ3脂肪酸を多く含むチアシードオイルを摂る事により、たくさんの効果が期待できそうですね!

チアシードオイルの使い方

チアシードオイルは熱を加えると酸化してしまうので、熱を加えずに体内に取り入れる事が大切です。

具体的には・・・、

①サラダやカルパッチョのドレッシング

②ドリンクやスムージーに混ぜて

③ヨーグルトに混ぜて

④納豆に混ぜて

⑤スープやお味噌汁に混ぜて

⑥少量をそのまま飲む

など、いろいろな料理等に使用できます!
いつもの食生活を変えることなく、脂肪酸のバランスを整えるのに役立ちますね!

また、チアシードオイルはティースプーン1杯程度で、1日に必要なオメガ3脂肪酸の推奨量を摂れるので、1日の摂取目安はティースプーン1杯程度でいいようです。

食べる以外にも使える!

チアシードオイルは食べる事以外にも、お肌につけてパックとして使用するのも、保湿効果があり美容効果が期待できるようです♪
お肌に使用する時はあまりつけすぎないようにしましょう!
つけすぎることにより、体が「油は十分だな!」と判断し、体が油を出す事を止めてしまうようです。

オイリー肌の人は余計にベタベタしてしまいそうと思ってしまうかもしれませんが、オイルを塗る事で体が出す油の量を調整してくれるので、あまり気にする必要もないかもしれないです!

あなたのお肌の調子にあわせて上手に取り入れてみるのがいいのではないでしょうか?

おわりに

いかがでしたでしょうか?
上記にもありますが、人間の体内で合成できないオメガ3脂肪酸を手軽に摂取でき、さまざまな効果が期待できるチアシードオイル!

チアシードオイルはAmazonや楽天などで販売しています。
ぜひ、1度お試しください!

この記事が役にたったと思ったら
「いいね!」しよう

関連するまとめ

食べ物の「陰陽」を知って体を温めよう!陰性食品と陽性食品の見分け方

近年、注目を浴びている「マクロビオティック」でも用いられている「陰」と「陽」。今回は食べ物の陰陽の見分け方と…

最近、話題の「酵素」ってなに?酵素の疑問を徹底解剖!

近年、酵素が話題になっていますが、そもそも「酵素」とは一体何なのでしょうか? 人間には必要不可欠なのか?食べ…

スーパーでカロリーダウンの食材を買うコツ【お魚編】

スーパーマーケットで低カロリーな食材を買うコツ第二弾はお魚編。魚はそのままお刺身で食べたり、サラダやグリルな…