トマトといえば、サラダに入っていたり、パスタソースに使われていたりと、私たちの食事にも身近な食材です。
実はトマトは、免疫力を高めて、生活習慣病を予防。
ストレス緩和にも効果大の優秀野菜なのです。
今回は、まだまだ知らないさまざまなトマトの効能をご紹介します。

「リコピン」+「抗酸化ビタミン」が病気に負けない体をつくる

トマトが赤いのはリコピンという色素成分に由来しますが、これはカロテノイドの一種であり、強力な抗酸化作用を持ちます。
その実力はβ-カロテンの2倍ともいわれるほどです。
体内の活性酸素を除去してくれるのはもちろん、血糖値や血圧の安定にも有効に働きます。

しかもトマトはビタミンCとビタミンEも含有。
体内で必要量だけビタミンAにつくり替えられるβ-カロテンと合わせると、3種の抗酸化ビタミンが揃うことになり、これらは相互に働きかけることで強力な抗酸化パワーを発揮します。
免疫力を高めて、生活習慣病からがん予防まで、病気に負けない体づくりをサポートしてくれます。

現代人の強い味方!GABAでストレス対策

ストレス社会と呼ばれる現代においてストレスと無縁の生活は非常に難しいことです。
そんな現代社会でいかにストレスを体に溜めずに生活するかが重要になってきます。
そんなときに頼もしい味方がGABA(ギャバ/ガンマアミノ酪酸)を含有するトマトです。
トマトに含まれるGABAには、ストレスを緩和させる“抗ストレス効果”があります。
私たちの体内のGABAは常に不足しがち!
ストレスに打ち勝つためにも、トマトを毎日の習慣にするといいでしょう。

アンチエイジング・美肌づくりにも有効!

GABAには女性にとって嬉しい作用があります。
それは「成長ホルモン」の分泌を促す効果です。
成長ホルモンとは、加齢とともに分泌が減るアンチエイジングホルモンのひとつ。
分泌量が低下すれば、基礎代謝やコレステロール代謝も同様に低下。
30歳を過ぎたあたりから、肌にハリがなくなったり、太りやすくなるのもそのためですから、成長ホルモンの分泌を促す効果は、ぜひ手に入れたいところ。
しかもトマトは、紫外線から肌を守るリコピンも豊富で、シミの元になるメラニンの生成を抑制。
さらにはビタミンCが美白をサポートしてくれます。
トマトは、いつまでも若々しくいたい女性のための強い味方となってくれます。

リコピンは加熱することで吸収率が上がる!

リコピンを、より効率よく摂るには、加熱して煮崩すことがポイントです。
細胞が壊れることで、有効成分が体内に吸収しやすくなります。
煮物はもちろん、炒め物にしてもOK!
トマトソースはその代表的存在です。
また、トマトはオリーブオイルなどの油脂類と一緒に摂るのも◎。
リコピンの吸収率が格段にアップします。

いかがでしたか?
普段何気なく食べているトマトですが、健康にも美容にも効果バツグンなお野菜なんです。
イライラやお肌のトラブルを感じたら、まずはトマトをたっぷり摂ることから始めてみましょう。

この記事が役にたったと思ったら
「いいね!」しよう

関連するまとめ

味噌・納豆・昆布…日本の伝統食のスーパーフードを一挙ご紹介!

わたしたちのおなじみ食品の中にもスーパーフードはたくさんあります。特に今回は、日本の伝統食にスポットをあてて…

これなら罪悪感もなし!美容に嬉しいお肉のヒミツ♡

お肉は太らない!以前はダイエット中の女性を悩ませていたお肉ですが、最近ではこんなキャッチフレーズで女性に嬉し…

「まごわやさしい」味噌汁でヘルシー朝ごはん!

体の内側から健康美人を目指すなら、「まごわやさしい」を使ったお味噌汁がオススメ!野菜ジュースよりも、栄養価も…

関連するキーワード