きのこは主食にはならないけど満腹感があり、体型が気になる人には副菜として食べ過ぎ予防に効果が絶大!
とはいえ、きのこは単にお腹を満たすだけの食材ではありません。
実は、意外と知られていない健康パワーがたくさんあるんです。
今回は、体内のいたるところで働く食材「きのこ」の効果効能をご紹介します。

きのこはダイエットに不可欠な低カロリー食材

きのこといえば、ダイエットに不可欠な低カロリー食材のひとつ。
栄養面はそれほど重要視されてきませんでしたが、実は優れた効能を持っています。
それは、きのこ類独特の成分である「β-グルカン」です。
不溶性食物繊維の一種であり、免疫活性物質としての役割を果たします。

なかでも強力な効果を期待されているのが、しいたけ、まいたけ、えのきの3種です。

新陳代謝をサポートするビタミンB1、B2

体温低下をもたらす要因のひとつに、食べ過ぎ、太り過ぎが挙げられます。
体脂肪が増えることによって新陳代謝は悪くなり、エネルギーをうまく生み出すことができず、結果として低体温を招くことに。
代謝をスムーズにすることが、体温向上のキーワードになります。
そこで有効なのが、きのこに多く含まれるビタミンB1とビタミンB2。

ビタミンB1は主に炭水化物をエネルギー代謝するときに有効に働き、ビタミンB2はたんぱく質と脂質の代謝に効果的です。
ただ、単独で摂取するより、同時に摂る方が体全体の代謝もスムーズに。
その点でも、両者を同時に補えるきのこは、優秀な野菜なのです。

豊富な食物繊維。

きのこは不溶性食物繊維としての効果も期待大。
不溶性食物繊維とは水に溶けず、スポンジのように水を吸収するのが特徴で、腸内を掃除してくれます。
カサを
増した食物繊維が、腸内を刺激しながら進むことで便通を促し、腸内環境を健康に維持してくれます。

おわりに

きのこは単にダイエットに役立つだけでなく、免疫力の活性化、新陳代謝のサポート、便秘予防にもひと役買う優秀な食材です。
キッチンにはぜひ常備しておきたいもの。
きのこは冷凍保存をすると便利であり、調理時に旨味が出やすくなるという利点も。
しめじとまいたけはほぐし、エリンギは5㎝の長さの短冊切りに、しいたけは軸を外して薄切りにしてから、まとめて密閉容器に入れて冷凍しておけば、そのままスープに炒め物と幅広く活用できます。

この記事が役にたったと思ったら
「いいね!」しよう

関連するまとめ

面倒くさがり女子でも実践できる「健康美をつくる食事ルール」

今回は、忙しい女子・面倒臭がり屋女子でも実践できるちょっとした食事のとり方のポイントをご紹介します♪

料理にパッと使える!「ネギ類」

今回は、ネギ類の栄養成分や期待される効果効能についてまとめてみました!

おすすめストック食材4選

キレイは、外見だけでなく内側から。日頃の食生活が、毎日の肌や身体づくりに影響します。おすすめのストック食材4…

ささ まりこ

東京生まれ東京育ちのコラムニスト。オーストラリアに留学し、ニューヨーク、ハワイ、イタリア、フランス、バリ島、中国、台湾など世界各国の海外旅行歴あり。
語学や海外の文化が好きで、将来の夢は海外移住♡執筆するジャンルは幅広くライフスタイル、ビューティー、仕事、恋愛など女性に役立つ情報を発信中。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング