良質なたんぱく質源「大豆」。鉄、ビタミンB群豊富な「小豆」

漢方では、体を温めるもの“温・熱”と、冷やすもの“涼・寒”、どちらでもないもの“平”があります。
大豆、小豆、黒豆などの豆類は漢方の“平”。
それでも豆が冷えの改善にいいのは、良質なたんぱく質があるからです。
とくに大豆は良質なたんぱく質源として重宝されます。
そのほか、小豆、大豆には代謝を円滑にするビタミンB群、貧血を予防する鉄が豊富に含まれています。

また、豆類に含まれるビタミンEには、血行を促す効果が。
「豆料理は面倒」という人は、水煮などがオススメです。

基礎代謝をアップさせて「冷え太り」を予防!

良質なたんぱく質の代表といえば、大豆。
食べる量を減らしてダイエットをしているのに、なぜか痩せない、という人はたんぱく質不足になっている可能性があります。
タンパク質が足りないと筋肉量が少なくなり、基礎代謝が悪くなって体が冷え、太りやすくなる「冷え太り」の悪循環に。
無理なダイエットを続けたところで、健康的に痩せることができず、リバウンドの心配もあります。
けれどもたんぱく質をちゃんと摂って、いい筋肉をつければ、基礎代謝がアップして体温も上がり、太りにくい体になります。

同じ大豆が原料でも、冷たい豆腐などは体を冷やす食べ物。
冷えが気になるときは湯豆腐にしたり、温め効果のあるしょうがを添えるなどして食べるといいでしょう。
納豆や豆そのものの料理もオススメです。
よく噛むと消化がよくなり血流も促すので、いっそう体を温めることができます。

「デトックス」効果のある小豆は毎日の料理にも使って、「冷えむくみ」を改善

豆の中でも、とくに小豆には「デトックス」「利尿作用」があることが知られています。
体が冷えると、体内に水分が溜まりがちになり、顔やいろんな部位にむくみが出ることが多いですが、小豆の利尿作用は不要な水分を体外に排出し、むくみの改善にも役立ちます。

また、小豆や黒豆など色の濃い豆には、抗酸化物質のアントシアニンが豊富。
血管をさびにくくするので血流もよくなります。

おわりに

大豆は水煮などを利用して、炒め物や煮物、スープなど、いろいろなメニューに加えると◎!
和食では砂糖を用いて味付けしたり、お菓子に使われることが多い小豆ですが、砂糖の使いすぎは冷えを招くもとになります。
甘みの多いかぼちゃやさつまいもと調理するなど、工夫してみるといいですよ!

この記事が役にたったと思ったら
「いいね!」しよう

関連するまとめ

油は美人食材のひとつ!お肌と体をキレイにするオススメの油5選

油というとダイエットの大敵と敬遠する女性もいますが、良質な油はキレイをつくる大切な要素なんです。 今回は、ぜ…

発酵調味料「味噌・しょうゆ、酢」の選び方のポイント

キレイは内側から!どんなに高い美容液を使うよりもまずは腸内環境を整えることからはじめましょう。今回は、発酵食…

「畑の肉」大豆を摂ろう!

大豆は「畑の肉」。 加工品にすると、納豆や豆腐は消化率90%以上と、吸収率がアップします。

関連するキーワード