健康でキレイな身体を作るには、血の滞りを解消し、血の流れをよくすることが一番の方法です。
いまは、老廃物を出すことをしないまま、入れることばかり優先されています。
「○○が健康にいいから積極的に食べなさい」という情報が氾濫していますが、「出すもの」を出してないままだと、老廃物は溜まるいっぽう。

「出すもの」を出せば、血流が良くなり、体温も上がって、不調や病気の予防になります。
「入れる」には、何よりもまず「出す」ことが先決なのです。

そこで、今回は、「出すもの」を出す作戦をご紹介します。

1.「出す」力の高いモノを食べる

老廃物や過剰な水分を出すには、汗をかく、便を出す、尿を出す、などが浮かぶと思います。
便は体内の老廃物排出の主役ですから、溜めてはいけません。
汗を出すには、運動や入浴が最適ですが、食べ物も大きく影響します。

【“出す”効果が高い食材】
■しじみ(胆汁を出す作用にすぐれ、肝臓の働きを良くする)
■イカ・タコ・エビ(利胆作用、肝臓の働きを良くする)
■レバー(肝臓の働きを助け、血液内の老廃物を解毒する)
■キャベツ(胃腸の粘膜を強化し、腸を掃除してくれる)
■キノコ類(食物繊維が排便を促す)
■もやし(食物繊維が排便を促す)
■ニンニク・ニラ・ネギ・タマネギ(利尿・発汗、整腸作用に優れる)
■ホウレンソウ(整腸に優れ、便秘を改善)
■漬物(整腸作用が強く、排便を促す)
■青魚(血管を拡張し、血小板の凝集を抑制して血の流れをよくする)

以上の食材を、毎日のメニューに意識して取り入れてみてください。

2.歌う・しゃべる

大きな声を出すと、横隔膜の上下運動が活発になり、胃腸や肝臓の働きがよくなって血行が高まります。
カラオケで歌ったり、大声をだすと、身体が熱くなるのはそのせいです。
歌う・しゃべる行為は、身体を温めてくれると同時に、息を吐き出して老廃物を排泄してくれます。
老廃物を排出するのは、汗や尿、便だけでなく、呼吸からも排出されているのです。
呼吸も重要な排出行為なので、大いに歌って、おしゃべりして、身体の中をスッキリさせましょう。

3.笑う

大笑いすると、体熱が高まって、呼気の量が増え、老廃物の排出も増えていきます。
お腹が痛いほど笑うと、うっすら汗をかいた経験がある方もいるでしょう。

また、笑うと、ベータ・エンドルフィンという脳内ホルモンが分泌され、交感神経の緊張を緩めてくれます。
身体がリラックスすることで、血行も良くなり、身体全体が温まりますよ。

おわりに

いかがでしたか?
「出すもの」を意識せず、入れてばかりいた人は、今日からでも「出す」ことに意識をかたむけてください。

1. 食べ物
2. 歌う・しゃべること
3. 笑うこと

また、ため息も疲れによって産生された老廃物を出す行為。「幸せが逃げていく」といいますが、実は逆です。
心や身体が疲れたら思いっきりため息をついて、健康を呼び寄せましょう。

この記事が役にたったと思ったら
「いいね!」しよう

関連するまとめ

「海外一人旅のススメ」

一人旅だからこそ体験できるメリットについてまとめてみました。

眠れる美女には福来る!快眠のための「パジャマ」講座!

快眠の秘密はパジャマにあり。一押し素材のパジャマを紹介します!

自宅で気軽に実践!効果を高めるハーブティーの入れ方

ハーブティーと聞くと、「入れ方が難しそう~!」と思う人もいるでしょうが、ティーバッグならいつでもどこでも気軽…

関連するキーワード

ささ まりこ

東京生まれ東京育ちのコラムニスト。オーストラリアに留学し、ニューヨーク、ハワイ、イタリア、フランス、バリ島、中国、台湾など世界各国の海外旅行歴あり。
語学や海外の文化が好きで、将来の夢は海外移住♡執筆するジャンルは幅広くライフスタイル、ビューティー、仕事、恋愛など女性に役立つ情報を発信中。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング