ココロとカラダはたくさんの刺激を受けてストレスが溜まっているかも。
ストレスと上手に付き合うための3つのコツを紹介します。

ストレスがたまる仕組み

そもそも、ストレスとは何でしょうか。
ずばり、「何か外から刺激を受けて、体に起こる反応」のこと。
「刺激」というのは、精神的につらい刺激だけでなく、楽しいこと、わくわくすることも含めてすべての「刺激」のことを指します。

でも、この刺激をうまく体の反応に変えることができず、
ため込みすぎてしまうことでストレスが溜まっていきます。

ココロにたまったストレスが急にカラダの変化に現れたり、
逆に、カラダにたまったストレスが急にココロに影響を与えることもあるのです。

ストレスへの対処方法

1)ストレスに向き合ってみる

まずは、ストレスに対して過度に反応せずに、「うまく付き合おう」と
意識を変えてみることが大切です。

ストレスの原因になったと思い当たる、仕事のミスや人間関係について、
冷静に見つめなおしてみます。

自らの力でどうすることもできない場合は、考え込みすぎずに
カラダを動かしたりするなどリフレッシュの方法を見つけることも大事です。

2)積極的に休む

とはいっても、自分のチカラではどうしようもできない状況に陥ることもあります。
そんなときは、疲れが溜まってきたなと自分のカラダの声に耳を澄ませて、
休息をとることが大切です。

ずっと仕事に集中しすぎずに、こまめに休憩をり、土日は仕事のことを考えずに
ゆっくり休む。

どうしても回復できない場合は、思い切って平日に有給をとって休むのも
自分のカラダのリズムを整えるためには有効です。

3)友人に思いっきり愚痴を聞いてもらう

自分だけでストレスの対処方法をうまく見つけられない場合は、
積極的にまわりの友人に助けを求めてみましょう。

一人で考え込まず、友人と気軽に愚痴を言い合って笑えれば、
意外とそんなに深刻な事態ではないかもしれない、と気づくかもしれません。

まとめ

いかがでしたか?
ストレスをため込む前に気軽にストレスと付き合う方法を身につけておきたいですね。

この記事が役にたったと思ったら
「いいね!」しよう

関連するまとめ

サプリメントとの上手な付き合い方と目的別リスト

忙しい現代人に欠かせなくなったサプリメント。 多忙な女子の中には、常時ピルケースを持ち歩いている方もいるので…

夏だけじゃない。秋の紫外線にも要注意!あなたの目が危険さらされているかも。

夏の強い日差しが過ぎ去ると、紫外線対策がおろそかになりがちですが、秋の紫外線も甘く見てはいけません。

「あさんぽ」しませんか?たった10分で1日をハッピーに!

1日をハッピーにすごす朝活は、「あさんぽ」だった?!初夏の季節にぴったりな「あさんぽ」を紹介します。

関連するキーワード