飲みの席では大豆製品・ネバネバ系食品をとるべし!

食事と一緒にお酒を飲むと、エンプティカロリー(アルコールのカロリー)が優先して代謝されます。
食べ物の代謝が始まるのはそのあとになってしまうため、あらかじめ代謝に必要なビタミン・ミネラルの多いものをつまみにして補給しておきましょう。
それならば太るから食べない!と思う人もいるでしょうが、何も食べないと肝臓の機能が落ちたり胃が荒れてしまう恐れもあります。

お酒と一緒に頼みたいオススメ食品は、枝豆や冷や奴など。
大豆製品は肝機能を高め、アルコールの分解を早める効果があります。
また、納豆やオクラ、なめこやめかぶなどのネバネバ系食品はアルコールの吸収を抑える作用があります。
居酒屋に行くと、ついポテトフライや唐揚げなどを頼んでしまいがちですが、お酒と食事をより楽しむために、まずは大豆製品やネバネバ系食品を優先的にチョイスしましょう。

居酒屋で頼むべきものリスト

■アルコールの分解を早める【冷や奴】

アルコールを分解する酵素は良質なたんぱく質からつくられるので、豆腐料理はおすすめです。二日酔い対策にも。

■肝臓の負担を少なくする!【えだ豆】

ビタミンB群が豊富に含まれているので、アルコールの代謝や糖質の代謝を促進します。
低脂肪高たんぱくなのでオススメ!

■体を温め、デトックス効果あり【酢の物】

酢に含まれるクエン酸は代謝を促進します。
脂肪も分解するので、内臓脂肪がつきにくくなるといわれています。
また、肝臓の働きを活発にし、二日酔いを予防します。

■アルコールの吸収を抑える!【なめこ汁】

なめこのヌメヌメが胃の粘膜を保護し、アルコールの吸収を抑えたり血糖値上昇をゆるやかにします。
また、汁物は満腹になるので最初に飲むと食べ過ぎ防止にもなります。

しめのラーメンは卒業!

飲み会のしめにラーメンを食べたくなることはありませんか?
アルコールは血液中の循環をよくするので、胃酸の分泌が活発になり食欲が増すことがあります。
けれど、ラーメンは塩分や糖質が多く消化にも時間がかかるため、飲みの後にはNG!
しめは、肝機能を高めるオルチニンの入ったシジミ汁や二日酔いに効く梅干しの入ったお茶漬けなどがベター。
どうしてもラーメンが食べたいなら、野菜たっぷりのタンメンで麺少なめがオススメです。

まとめ

お酒を飲むなら、楽しく健康に飲みたいものです。
そのために、おつまみのチョイスは重要!
アルコールの分解を早めたり、肝臓の負担を軽くする食品を選べば、より美味しくお酒を飲めます。
これまで、唐揚げ、ポテトフライ、ラーメンなどこってり系を頼んでいた人は、まずは大豆食品、ネバネバ系食品にシフトしてみましょう。

この記事が役にたったと思ったら
「いいね!」しよう

関連するまとめ

夏だからといって冷え冷え食材を食べていませんか?夏の不調はからだの“冷え”が原因かも…

「夏バテかな?」と思う症状も、実はクーラーや冷たい食べ物からくる”からだの冷え”が原因かもしれません!特に冷…

やっぱり『納豆』は凄かった!美容・健康増進にもバッチリの毎日食べたい一品

納豆は日本の食材で一番身近なスーパーフードです。納豆を毎日食べるだけで、健康促進に効果あり!

キレイをつくる発酵調味料「味噌・しょうゆ、酢」の選び方のポイント

キレイは内側から!どんなに高い美容液を使うよりもまずは腸内環境を整えることからはじめましょう。今回は、発酵食…

関連するキーワード