少し疲れたり、寒いところにいるだけで風邪をひいたり、人混みにいると、すぐに風邪をうつされてしまうという人はいませんか?
風邪は、疲れていたり、ストレスで免疫力が低下していると、ひきやすくなります。
今回は、「風邪をひいたかも!」と感じたときに、効果のある方法をご紹介します。

風邪をひく原因

風邪のウイルスはあらゆるところにあり、体内に侵入してきます。
睡眠不足や不摂生な食生活、それに疲れが溜まっていたりして免疫力が低下すると、風邪をひきます。
また、ストレスも免疫力を低下させるので、大敵です。

初期症状には大椎(だいつい)というツボを温める

【ツボの位置】
首のつけ根の中心で、頸椎(けいつい)の最も下の部分。頭を少し前に下げると、頸の骨の後ろに出るポコッとした大きな骨の下にあります。

【方法】
ドライヤーでツボの付近に温風をあてます。この付近には風邪に効果のあるツボが集まっているので、少しずつ動かしながら皮膚を温めましょう。

タイムでのどの殺菌をする

タイムは、消化、強壮作用のほか、殺菌、消毒作用があるので、風邪をひいたときに有効なハーブです。
ドライハーブなら、ティースプーンに山盛り1杯の葉を温めたポットに入れ、熱湯を注ぎます。
3分ほど蒸らしてティーカップに入れます。
ハチミツを加えると美味しく飲みやすく、また、のどの痛みにも効果があります。

漢方を飲む

風邪の処方として、体力がなく、粘膜が弱いひとに、香蘇散(こうそさん)を。
また、疲労を回復させ、からだを元気にする補中益気湯(ほちゅうえっきとう)も使います。
麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)は、風邪、アレルギー性鼻炎、頭痛などにも効果的で、体の弱い人や高齢の方でも飲めるお薬です。

湯船に入る

風邪を引いたらお風呂に入らない方がいいともいわれていますが、風邪のひきはじめであれば、湯船に入ってからだを温めるのがオススメです。
体温を上げて汗をかいて、風邪のウイルスを撃退します。

おわりに

いかがでしたか?
風邪かな?と思ったら、ぜひ上記の対処方法で風邪の悪化を防ぎましょう。
また、風邪をひかないためには、規則正しい生活が一番です。
特に風邪をひきやすいという人は、薄着で寒いところにいたり、人混みにいったりするのは避けてくださいね。
日頃から睡眠をしっかりとって、バランスのよい食事をこころがけましょう。


この記事が役にたったと思ったら
「いいね!」しよう

関連するまとめ

お料理・ティーだけじゃない!余ったハーブでできる簡単セルフケア方法

ハーブの香りは「ちょっと疲れたなぁ」というときに心を癒し、気分をリフレッシュしてくれます。今回はお家で簡単に…

捨てられない私を卒業!洋服・靴・バッグ…モノ別「捨て時」の判断基準

洋服は?バッグは?気になるモノの捨て時の見極め方とは!?今回は、モノ別に捨て時の目安を伝授します。

身近にあるものでOK!【薬湯】でほっこりリラックスしよう

お風呂大好き日本人は、昔から身近にあるものをお風呂に入れて、【薬湯】を楽しんで きました。キッチンやお庭にあ…

関連するキーワード

ささ まりこ

東京生まれ東京育ちのコラムニスト。オーストラリアに留学し、ニューヨーク、ハワイ、イタリア、フランス、バリ島、中国、台湾など世界各国の海外旅行歴あり。
語学や海外の文化が好きで、将来の夢は海外移住♡執筆するジャンルは幅広くライフスタイル、ビューティー、仕事、恋愛など女性に役立つ情報を発信中。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング