加齢臭の原因を知り効果的な対策を。

人混みで臭う古本やチーズのような臭い。この臭いこそ加齢臭。

加齢臭の原因は何か。元となるのは、ノミナールやペラルゴン酸、ジアゼチルという物質で、30代から増加すると言われます。特にノミナールは脂肪酸と過酸化脂質が結びついて発生し、加齢臭の一番の原因とされます。

加齢臭は男性の悩みと思われがちですが実際はどうでしょう。
男性は女性より皮脂腺から分泌される皮脂量が多く、かく汗の量も多いので、加齢臭もきつくなりがちです。

一方女性は女性ホルモンの分泌によりノミナールが発生しにくく加齢臭も少ないとされています。また日頃のスキンケアが図らずも加齢臭対策になっている場合もあります。

しかし閉経後は女性ホルモンの分泌が低下し、ノミナールの発生を抑えなくなります。そのため男性に比べ加齢臭が出てくるタイミングは遅いものの、女性にも対策は必要です。加齢臭対策を万全にし安心して歳を重ねたいものです。

生活習慣改善で加齢臭対策。

加齢臭の一番の原因となるノミナールは脂肪酸と過酸化脂質が結びついて発生すると先程述べましたが、過酸化脂質が増える原因は活性酸素が体内に発生することです。
この活性酸素の増加の原因とされるのが喫煙とストレス。いくら抗酸化物質を摂り対策を講じても、一本のタバコの有害物質でその効果は台無しに。

また、ストレスは現代社会に生きる私たちとは切り離せないものですが、できるだけ質の良い睡眠を取り、息抜きをする時間を作り、安定した精神状態を保つことが大切です。

入浴のときに湯船に浸かったり、適度な運動を取り入れじっくりと汗を出すことも加齢臭対策には重要。汗をかくことで皮脂腺の詰まりを無くし、体内の脂肪酸の酸化が進む前に体外へ排出できるからです。

また、体を洗うときにオススメなのが柿渋石鹸。柿渋は渋柿の汁を発酵熟成させていて、その防腐作用は古くから利用されています。価格もお手頃なので、加齢臭対策の第一歩に取り入れやすいのではないでしょうか?

食生活の改善で加齢臭対策。

食生活も加齢臭の発生と深く結びつきます。
加齢臭対策に効果的な食品を知り、日々の食事に取り入れることが重要です。

活性酸素を減らし、ノネナールの生成を抑える効果が高いのはビタミンC・E、カテキン、イソフラボン、ポリフェノールといった物質。これらが多く含まれる食品は緑黄色野菜や果物、大豆製品です。

加齢臭対策をする上で避けたい食品は、コーヒー、バター、チーズ、加工肉、チョコレートなど。これらは動物性脂肪を多く含み、皮脂の分泌を促す効果もあります。

毎回の食事を昔ながらの和食に切り替えることがシンプルな方法ですが、一度に全てを意識して改善するのは難しいかもしれません。
そんなときは、会社の昼休みの外食を定食屋にしたり、いつも飲むビールをワインに変えてみるなど、手軽にできることから挑戦してみましょう。

最近では、先に挙げた加齢臭対策に有効な物質がサプリメントにもなっているので、食事で摂りづらいときに取り入れてみては。無理なく、万全の対策を立てて加齢臭を撃退しましょう。

この記事が役にたったと思ったら
「いいね!」しよう

関連するまとめ

年齢とともに冷えが強くなるってホント!?女性の大敵「冷え性」の原因とセルフケア方法

たかが冷え性と思っていても悪化すると身体の不調や病気を招きます。今からでもしっかりセルフケアを実践して冷え性…

からだのSOS見過ごしてないですか?体調日記をつけて不調の原因を知ろう!

自分のからだやこころの状態を知るのにオススメしたいのが「体調日記」。からだの履歴を残して、不調や病気を早め早…

そのだるさはタバコや甘いものが原因かも!?気をつけたい食習慣・嗜好品

最近、疲れやだるさがずっと残るという人は要注意!乱れた食生活が原因かもしれません。ここでは、気を気をつけたい…

関連するキーワード