■ケール

ケールは、ビタミン類や食物繊維などの栄養素が非常に豊富なので、「緑黄色の王様」と呼ばれています。
また、睡眠を導くメラトニンを多く含むため、安眠効果も期待できます。
独特の香りや苦味があるので、日本では青汁として利用されていることが多いですが、ケールは加熱すると甘みが出るため、オーブントースターなどで焼いて、“ケールチップス”にするとオススメです。

【嬉しい効能】
・生活習慣病予防
・美肌効果
・安眠効果
・アンチエイジング

■ビーポーレン

ミツバチは花粉を素に持ち帰る際、体内から分泌した酵素を使って団子状にする習性があります。
そのミツバチが集めた花粉のビーポーレンは非常に栄養価が高く、「パーフェクトフード」と呼ばれているほどです。
疲労回復や滋養強壮のほかなどに効果的です。
アンチエイジングに必要なビタミン類も豊富に含まれています。

【嬉しい効能】
・疲労回復
・滋養強壮
・美肌効果
・アンチエイジング

■チアシード

近年、日本でも気軽に買えるようになったチアシードは、主にメキシコなど中南米で栽培されている、シソ科植物、チアの種子です。
「水とチアシードがあれば生きていける」という言葉があるほど、栄養価が高く、1日に推奨される量は大さじ1杯程度。
特に人の体内ではつくられない必須脂肪酸のω-3が含まれており、アンチエイジングや生活習慣病予防、脂肪燃焼の促進に効果的です。

【嬉しい効能】
・ダイエット効果
・便秘解消
・血糖値改善
・美肌効果

■キヌア

キアヌは雑穀の一種で、精白米と比べると同等のエネルギーに対して、たんぱく質は約2倍、食物繊維は約8倍、カルシウムは約10倍などと非常に栄養バランスが高いのが特徴です。
キアヌは糖質量が精白米の約半分なので、ダイエットにもピッタリ。
白米の半分をキアヌにするなどして取り入れるといいでしょう。

【嬉しい効能】
・ダイエット効果
・骨粗しょう症予防
・生活習慣病予防
・美容効果

■グリーンスーパーフード

小麦若菜や大麦若葉など栄養価の高い草をもとに、抗酸化作用を持つアサイーやローズヒップなどのスーパーフード、「亜麻仁油の種」といわれるω-3や食物繊維が豊富なフラックスシードなど各メーカーによってさまざまな栄養素を組み合わせたパウダーです。
味は抹茶にちかく、飲みやすい点も人気。
水や牛乳に溶いても、ヨーグルトやスムージーに混ぜてもよいでしょう。
デトックス効果や整腸効果も高く、美しいボディを目指せます。

【嬉しい効能】
・免疫力向上
・便秘解消
・生活習慣病予防
・美肌効果

いかがでしたか?
スーパーフードには、人間が体内でつくることのできない「必須栄養素」が、一般的な野菜や食品に比べて豊富に含まれています。
最近は、スーパーやインターネットで入手できるようになったので、ぜひ毎日の食卓に取り入れて、美と健康をサポートしましょう♡

この記事が役にたったと思ったら
「いいね!」しよう

関連するまとめ

油は少なすぎも多すぎもダメ!毎日の食卓に上手に取りいれるコツ

油はサラサラな血管の強力なサポーター。今回は、油を上手に使うためのヒントをご紹介します。

2016年は菌活の年!あなたに相性バツグンの菌活食材はどれ?

2016年は菌活の年!あなたに相性バツグンの菌活食材はどれ? 「菌活とは腸内フローラを整えること」 「腸内フ…

料理にパッと使える!「ネギ類」の効果効能とは?

今回は、ネギ類の栄養成分や期待される効果効能についてまとめてみました!

関連するキーワード