アルコールは太らないってほんと?

「アルコールは太らない」という話をよく聞きますが、これはエンプティカロリーによるものです。
エンプティカロリーとは、お酒に含まれる純粋なアルコール分のカロリーのことで、“栄養をほとんど含まないカロリー”という意味です。
アルコールから摂取したカロリーは優先的に消費されるため、体に蓄積されないといわれています。
お酒を飲み始めて、顔が赤くなったり体が火照ったりするのは、エンプティカロリーが優先的に代謝されているためです。

しかし、お酒には純粋なアルコール以外にも原料の栄養素が含まれており、エンプティカロリー以外のカロリーはほかの食材と同じく体に蓄積します。
そのため、ビールや日本酒、ワインなどの原料の糖質が多く含まれる醸造酒よりも、ウイスキーや焼酎など加工の工程で糖質が減っている蒸留酒のほうが太りにくいとされています。

レモンサワーの飲み過ぎ注意!

レモンサワーやグレープフルーツサワーは、甘いカクテルやリキュールに比べて太らないイメージを持っている人も多いかもしれません。
しかし実際には、果肉が入っていないため糖の吸収を抑える食物繊維がなく、脂肪に変わりやすい果糖が多く含まれています。
ジュースと同様に太りやすい飲み物なので、果肉入りのものを選ぶか、自分で果物をしぼる場合はしぼる量を半分にするなどして果糖をとり過ぎないように注意しましょう。

お酒を飲むときの極意

【1】ビールは乾杯のときだけに
飲んでいけないとうことはありませんが、糖質が高いので最初の1杯に留めるとよいでしょう。

【2】醸造酒を飲むときは辛口を選ぶ
日本酒やワインの中でも、糖質が少なめの辛口のものを選びましょう。

【3】 意識して水を飲む
お酒は、アルコール代謝するため利尿作用があります。
水分をこまめに補給して二日酔いを防止しましょう。

おわりに

いかがでしたか?
お酒は楽しみながら飲むものですから、あまり制限してしまってもつまらなくなってしまいます。
なので、ビールを飲みたいなら乾杯の1杯だけに、レモンサワーや甘いカクテルよりも少し辛口のお酒を選ぶなど、上手に工夫して糖質を減らしましょう。

また、適正飲酒量は、個人差が大きくあります。
ビール1杯で二日酔いになってしまう人もいれば、何杯飲んでもお酒が残らない人もいます。
アルコールの強さは人それぞれなので、適正飲酒量を知るためには、自分の身体としっかり相談することが大切です。
せっかくの楽しい場ですから、適度に、支障をきたさないように飲むことがポイントですよ!

この記事が役にたったと思ったら
「いいね!」しよう

関連するまとめ

社会人になってから始める『友活』 新しく友達を作る5つの方法

友達の作り方を忘れてしまった社会人の方必見!今から始める「友活」の方法を伝授します。

女性の大敵「冷え性」を今すぐ改善!体質を変える入浴法

「体が冷えやすい」「疲れがとれない」そんな方は特にシャワーより湯船につかることが大切です。今回は、体を温める…

ささくれから卒業!指先からキレイになる3つの方法

指先の爪の生え際の皮がボロボロむける…。放っておくと重症化することもあるささくれを防ぎ、指先からキレイになる…

関連するキーワード