豊富なビタミン・ミネラルが新陳代謝をサポート!

米は、米ぬか、胚芽、胚乳から構成されていますが、私たちが白米として食べているのは胚乳の部分だけ。
精米によって米ぬかや胚芽は取り除かれますが、じつはこの2つの部分にこそ栄養がたっぷり詰まっているのです。
胚芽には、代謝を助けるビタミンB1や抗酸化作用の強いビタミンE、ぬか層にも鉄分などのミネラルが多く含まれています。
また、食物繊維も豊富で、腸内環境を整えながら免疫力アップにも効果的に働き、正常な新陳代謝をサポートしてくれます。

玄米のGABA効果でストレス解消!

低体温の最大の原因は、日々のストレスです。
ストレスによって自律神経やホルモンのバランスが崩れることで、血流障害を引き起こし血液はドロドロに。それがさらなる低体温を引き起こしてしまいます。
そこでストレスに打ち勝つための食材として積極的にとりたいのが玄米です。

玄米には脳細胞に直接働きかけてイライラを緩和する“抗ストレス作用”のあるGABA(ギャバ/ガンマアミノ酪酸)を豊富に含んでいます。
その実力は、じゃがいもやトマトなど、GABAを含むほかの食材と比べてダントツです。
特にオススメなのが、発芽玄米です。
玄米を水につけて発芽させたものですが、発芽することによってGABAは格段にアップします。
玄米よりも柔らかく食べやすいというメリットも兼ね備えています。

血糖値の上昇を抑え、アンチエイジングにも有効!

玄米は食物繊維が豊富で、消化吸収がゆっくりと進むことから血糖値が上がりにくい低GI食品としても注目されています。
“GI”とは、食後の血糖値の上昇度を示すグリセミック指数のこと。
これが高いほど、肥満ホルモンと呼ばれるインスリンがより多く分泌され、食物中の糖質が血中に取り込まれやすくなり、血糖値は急激に上がることに。
膵臓がインスリンを出し続け、疲れ切ってしまうと、結果として糖尿病などの生活習慣病をもちろん、老化を加速させてしまうことになります。
その意味でも、低GI値を誇る玄米は優秀な食材といえます。

まとめ

玄米は低体温の改善、整腸、イライラの緩和、アンチエイジングなど、さまざまな嬉しい効能があります。
また、噛み応えのある玄米をよく噛むことで、唾液の分泌量が増え、消化を促すことはもちろん、唾液の抗菌作用が最近やウイルスを除去。免疫力向上にも有効です。
とはいえ、玄米に少し抵抗感があるという人は、白米に玄米を少し混ぜ込んだり、発芽玄米を利用してもOKですよ!

この記事が役にたったと思ったら
「いいね!」しよう

関連するまとめ

ポリフェノールの宝庫「緑茶・コーヒー」。手軽だからこそ、上手に摂取!

私たちの生活に馴染みの深い緑茶やコーヒー。 自宅でも職場でも手軽に飲めますが、実は優れた抗酸化作用のあるアイ…

栄養素の中でもなじみがある「ビタミンC」。あまり知られていない効果も!

ビタミンCとはいえば、美容や健康にいい栄養素として知られています。 実は美肌や風邪予防だけでなく、便秘解消に…

体内環境を整えるお酢パワー!豊富なお酢の種類と効能

お酢とひとことに言ってもその種類はさまざまで、風味も異なります。 今回は、お酢の種類やその効能についてまとめ…