熱い夏がやってきて、肌の露出も多くなる季節になりました。
ノースリーブも着たいし、生脚を出して、ミニスカートにも挑戦したいですよね!
そこで気になるのがムダ毛処理…。
カミソリ負けや傷痕などが目立ってしまうとせっかくのスカートも台無しです。

今回は、肌への負担を軽減しながら、ムダ毛を処理する方法をご紹介します。

肌への負担を最小限に抑えるムダ毛処理の基本

ルール1:体調のよい日に行う

除毛を行う日は体調のよい日に行うようにしましょう。
生理が終わってからの1週間の間がオススメの時期です。
生理前や風邪などをひいているときは、皮膚の免疫が落ちているので、除毛は行なわない方がベターです。

ルール2:ムダ毛処理する部分を洗う

皮膚の表面には雑菌がいるので、除毛した部分から雑菌が皮膚の中に入らないよう、まずは除毛する部分を洗いましょう。

ルール3:皮膚も毛も温める

皮膚も毛も、ケラチンでできているため、温度が低いと硬くなります。
処理する前はお風呂につかるなどして温めて、皮膚と毛を柔らかくしてから行いましょう。

ルール4:冷やして炎症を鎮める

ムダ毛を処理したあとは、皮膚が炎症を起しているので、冷やしたタオルをしばらく除毛部分にあてて冷やし、炎症を鎮めてください。

ムダ毛処理の方法

■毛抜き
毛抜きで毛を抜く処理を長く続けていると、皮膚が硬くなったり、毛が皮膚にもぐってしまったままになったり、(埋没毛)、シミになったりすることがあります。

■ワックス
温めたワックスを肌に塗り、固まったらはがしてムダ毛を抜きます。
ワックスによる多少のパック効果があり、毛抜きよりは負担が少ないと考えられます。
また、時間がかからないのもメリットです。

■テープ
テープをはがすときに一緒に毛を抜くため、一度に多くの毛を抜くことができます。
しかし、同時に角質もはがれしまうので、肌の弱い人は肌荒れを起こしてしまうかもしれません。

■T字型カミソリ
T字型安全カミソリは、手軽で、かつ自分で手加減しながら剃れることがメリット。
ただし、肌の表面を傷つけやすく、肌が乾燥してかゆくなることもあります。

おわりに

ムダ毛処理は、「剃る」か「抜く」かになりますが、どんな方法であれ少なからず皮膚を傷つけてしまいます。
ムダ毛処理ばかりに目がいってしまい肌へのダメージを忘れがちです。
肌への刺激をしっかり考えて、脱毛方法を選びましょう。

どちらかといえば、「抜く」よりも「剃る」方が肌への負担は少ないです。
今回ご紹介したルールを守って、少しでも肌への負担をやわらげるようにしましょう。

この記事が役にたったと思ったら
「いいね!」しよう

関連するまとめ

肌の不調はからだの不調!大人になってできる吹き出物のケア方法

生理前や、疲れを感じるとポツンとできてしまうのが大人の吹き出物。大人になってできるニキビや吹き出物はからだの…

オイリー肌を改善したい!

テカテカ、ギトギトしがちなオイリー肌(脂性肌)。 そんなお肌を改善したい方は要必見です!

気づかないうちにできているシミ・・・対策方法ってないの?

いくつになってもキレイな肌でいたいのに年齢を重ねるたびに気になってくるシミ。ちゃんとケアしてるのにできてしま…

関連するキーワード

ささ まりこ

東京生まれ東京育ちのコラムニスト。オーストラリアに留学し、ニューヨーク、ハワイ、イタリア、フランス、バリ島、中国、台湾など世界各国の海外旅行歴あり。
語学や海外の文化が好きで、将来の夢は海外移住♡執筆するジャンルは幅広くライフスタイル、ビューティー、仕事、恋愛など女性に役立つ情報を発信中。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング