友人たちと行く初めての国内旅行。ワクワクするとともにドキドキするのも本音ですね。今回はビギナーの空気を出さない方法の準備編をお送りいたします。

多い荷物は預けられるように

修学旅行で飛行機を利用する学校も多いので慣れている方も多いと思いますが、スマートに広い空港内を移動するのに荷物が多いとトイレに行くのも大変です。

また、フェイスケアなどでシェーバーなどの刃物を持参することもありますが、危険物とみなされて飛行機内に持ち込めない場合も。思い切って小型のスーツケースに重くなりがちなコスメなども詰めてしまい預けてしまえば、ラクラクですよ。

荷物の整理はきれいに

預け入れ荷物は、キャスター付きのスーツケースを選ぶ人が多いです。重くても持ち運びに楽ですが、荷物を入れるのにちょっとしたコツがあります。

重いものは下(キャスター側)に

スーツケースは立てて運びますので、重いものはキャスターの方に予め入れておきましょう。そうするとスーツケースの中で荷物がごちゃごちゃになったり、つぶれてしまったりするのを防止できます。

下着などの小物は洗濯ネットなどを利用して整理

下着など小物がスーツケースの中でごちゃごちゃしてしまうと万が一スーツケースが開いてしまったときに恥ずかしい思いをしてしまいますし、ホテルで友人の目があるところで開けるのも恥ずかしいですよね。そこで、洗濯ネットを利用するとごちゃごちゃにならないで済みますよ。使用後はそのまま洗濯機に入れることもできるので便利です。

また、下着のようにあまり見られたくない場合は、専用のケースを利用するのもいいですよ。

コスメなどはもれ防止にフリーザーバックなどを利用

コスメなど水分はスーツケースの中で漏れると大変なことになります。この場合、フリーザーバッグなどに入れておくと安心ですよ。

飛行機内に持ち込めないものをチェックし、あらかじめ入れておく

空港の保安検査場で手荷物の検査がありますが、そこで引っかかってしまうと空港カウンターに逆戻りすることになり思わぬ時間のロスになります。友人にも迷惑がかかってしまいます。旅行の説明書などに手荷物として持ち込めないものが記載されていますので、チェックし、預け入れるスーツケースなどに入れておきましょう。

出発前の荷物は余裕をもって

旅行にお土産などを買うのはつきものです。帰りの荷物にはそのお土産を入れることになりますので、スーツケースの荷物は余裕を持っておきましょう。荷物が多くて面倒な思いをせずにすみますよ。

スーツケースには自分の目印を

スーツケースは家族のものを借りる場合などはあまり特徴のないグレーとは黒とかのものが多いでしょう。そういうときは、他の人も同じようなスーツケースであることが多く、空港で荷物が流れてきたときにどれか分からず戸惑ってしまうこともあります。そうならないために、タグなどを付けておくと自分のものだと分かりやすくなりますよ。タグもたまに取れてしまうこともありますが、つけないよりは断然分かりやすくなりますよ。

まとめ

旅行に手慣れた人の準備をご紹介しました。旅行には色々なことがあるでしょうが、楽しい時間が過ごせるよう準備もしっかりするといいですよ。

この記事が役にたったと思ったら
「いいね!」しよう

関連するまとめ

眠りを制する者は美も制する!?上質な睡眠を確保する方法とは?

今や、良い睡眠がとれるかどうかが美しい女性でいられるかどうかの分かれ道。睡眠をコントロールしてしなやかな美人…

からだを温めて美人になる!今日から始める温活パートⅠ【おでかけ編】

今回は、毎日の生活の中で取り入れたい冷えとり習慣をご紹介します。パートⅠは、朝起床してからお出かけ編です。

明日の朝から取り入れたい!カンタン「朝活」5選♪

「早起きは三文の徳」と言われるように、早起きしてその日1日を有意義に過ごしたいですよね!今回は、健康をサポー…

関連するキーワード

Halekulany

旅好きダイエッターです。ダイエットと旅行の一石二鳥で地方のマラソン大会に出場したり、自宅でエクササイズDVDをするのが趣味です。いつかホノルルマラソンに出場したい!という野望があります。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング