近年「ファスティング」という言葉がブームになり、テレビや雑誌でもよく見かけるようになりました。
特にファスティングは短期間で成果が出やすいため、週末などを使ってトライする女子も増えているようです。
今回は、初めてファスティングに挑戦する人のために、正しいファスティングの方法と注意点についてまとめてみました。

ファスティングってまったく食べないの?

ファスティングのファストは英語で断食するという意味で、短期間、固形物を摂取しない断食療法のことを言います。
まったくの絶食となると、初心者の人にとってはハードルが高そうですよね。
しかし、ファスティングは完全に絶食するわけではなく、野菜ジュースや酵素ドリンクなどを摂取します。
ドリンク類からカロリーや必要最低限のビタミンは摂れるので、無理なく自分のペースで行うことができます。

ファスティングの効果は?

現代は飽食の時代でレストランやファーストフード、コンビニなど、どこへ行っても食べ物を調達することができます。そのため、現代人は食べ過ぎ傾向の人が多く、日々、消化機能をフルに使って生活しています。
ファスティングは、一定期間固形物を摂取しないため、日頃使っている内臓器官を休憩させ、消化機能を回復させる効果があります。
また、宿便を取り除き大腸をキレイにし、美肌にも効果があると期待されています。
内臓を休ませてあげることで、身体がリセットできるというわけですね!

失敗しない初めてのファスティング方法

1.準備期間を設ける

ファスティングを行う前に必ず準備期間を取り入れて体調を整えていきましょう。準備期間はファスティングを行う同日設けてください。例えば、週末の2日間を使ってファスティングをするのであれば、同じく2日間準備期間に充ててください。
準備期間は、腹7~8分目を心がけて、和食を中心とし、食べ過ぎに注意しましょう。
できれば夕食は夜8時までに終えるのがベターです。

2.ファスティング期間

ファスティング期間は、基本固形物は一切摂りません。その代わりに野菜ジュースや酵素ドリンクで栄養補給します。
今では、さまざまな酵素ドリンクが売られているのでインターネットなどでチェックしてみると良いでしょう。
ファスティング中は、カフェイン入りのコーヒーや缶ジュース、アルコールは避けてください。また、酵素ドリンクの他に水分を1~2リットル程度摂取して、水分はこまめに補給してくださいね。
ファスティング期間は、熱いお風呂やサウナ、激しい運動はNGです。リラックス効果の高いヨガやウォーキング、軽いストレッチは行っても大丈夫です。

3.回復食

ファスティングで内臓を休ませたあとは、消化の良い食事から始めます。回復食の期間も準備期間同様、同日設けてください。いきなりドカ食いをしてしまうと一気に体重が戻ってしまう恐れがありますし、内臓にも負担をかけてしまいます。
最初は、お粥やお味噌汁から初めて、徐々に固形物にしていくと良いでしょう。味付けは辛すぎるものやしょっぱいものは控え、薄い味付けの方が胃腸にも安心です。

おわりに

いかがでしたか?ファスティングは、何度も行うと身体も慣れていきますが、初めて
ファスティングを行うかたはまずは週末を使っての2日間、もしくは1日のうちの1食を酵素ドリンクなどに置き換えて身体を慣らしていくのが良いでしょう。
ファスティングを行う時は、体調の悪い時、生理中は避け、自分がベストの状態で行える日を選んでくださいね!

この記事が役にたったと思ったら
「いいね!」しよう

関連するまとめ

食べる順番を変えるだけで、キレイに痩せられる!お手軽ダイエット方法

過酷なダイエットはリバウンドをしてしまう可能性が大です。今回ご紹介するダイエット方法は、食べる順番を変えるだ…

ダイエッター必見!「お肉」を食べるときに気をつけたいこと4選

ダイエット中でもお肉が食べたい!そんなダイエッター女子必見!今回は、自宅や外食でお肉を食べるときに気をつけた…

3日でOK!あの歌姫やモデルも絶賛!今話題のマスタークレンズダイエットがすごい!

「もっとスリムになりたい!でも、すぐに結果の出ないダイエットは続いたことがない…」そんな方は必見!海外発の効…

関連するキーワード

ささ まりこ

東京生まれ東京育ちのコラムニスト。オーストラリアに留学し、ニューヨーク、ハワイ、イタリア、フランス、バリ島、中国、台湾など世界各国の海外旅行歴あり。
語学や海外の文化が好きで、将来の夢は海外移住♡執筆するジャンルは幅広くライフスタイル、ビューティー、仕事、恋愛など女性に役立つ情報を発信中。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング